学校ブログ

健康の日「生活リズムを整えよう!」 9月1日(木)

2022年9月1日 10時21分

ppt1ppt2ppt3ppt4ppt5ppt6IMG_4347IMG_4348IMG_4351IMG_4353

今日は、健康の日。朝の時間に保健室の大津先生から、「生活リズムを整えて、事故なく、ケガなく、安全に過ごしましょう!」というお話がありました。

夏休み明け、お子さんの様子はいかがでしょうか。早寝早起きなど、生活のリズムは整ってきていますか。学校が始まると、夏休みのように自由な時間が十分とれるわけではありません。夏休み中と違って、宿題や学校のしたくなど、やらなければならないことも増えたと思います。早寝早起き・朝ご飯、まずはそこから確実にできるようにしたいところです。

学校で子どもがケガをするということは、あってほしくないことですが、本校でもしばしば起こっています。幸い命にかかわるような大きなケガは発生していませんが、もう少し注意していれば、もう少し考えて行動すれば防ぐことができたのではと思われるようなこともあります。

今日の健康の日のお話は、学期始めに生活リズムをしっかり整えて落ち着いて生活できるようにしたいですねという内容でした。学校内の生活だけでなく、登下校中、帰宅後遊びに出掛ける時のことも含めて、事故なく、ケガなく安全に過ごせるよう御家庭でもお子さんとお話していただきたいと思います。

健康の日の放送中、1年生の教室をのぞいてみました。どの子も集中してお話を聞いていて感心しました。集中できること、特に人の話をしっかり聞けることは学ぶ上では非常に大切なことだと思います。

4年1組 国語 「とる」という言葉の不思議 8月31日(水)

2022年8月31日 15時53分

IMG_全体IMG_4312IMG_4314IMG_4315IMG_4316IMG_4322

先週末、24時間テレビのエンディングを見ながら、夏休みの本当の終わりを実感したのは、私だけでしょうか。

今日から高学年は午後の授業も始まりました。まだまだ厳しい残暑が続いていますが、どの学年の子どもたちも一生懸命学習に取り組んでいます。

4年1組の国語の授業を参観しました。「はっけよい すもうとる こんにちは ぼうしとる てんどんの でまえとる セーターの ごみをとる のらねこの しゃしんとる」一つの詩を題材にして、日本語の「とる」という言葉が様々な場面で使われること、そして「とる」という言葉に様々な意味があることを勉強していました。さらに、それぞれの場面の「とる」を別の言葉に言いかえてみることにも挑戦しました。同じ「とる」でも、場面や使い方によって意味がちがってきます。苦労しながら辞書を引き、辞書の説明を険しい表情で読み取っていました。授業の後半には、みゃくを「とる」、場所を「とる」、歳を「とる」、受話器を「とる」などの表現も紹介されました。

参観していて、受話器を知らない子どもがたくさんいることに驚きました。確かに固定電話がなくなると受話器という言葉を使う必要がなくなります。時代が変わると言葉も変わっていきます。

国語の授業でことばについて学習するのは、豊かな日本語を身に付けていくためです。言葉は私たちの生活としっかりと結びついています。豊かな日本語を身に付けることは、生き方を豊かにしていくことにつながるのかもしれません。豊かな日本語を身に付けられれば、人とのコミュニケーションがそれだけ豊かになるでしょう。言葉は人を勇気づけることもあります。逆に、人を傷つけ痛めつけることもあるものです。授業中、友達と話し合う場面が何回かありました。言葉を使って、友達と考えを伝え合い、新たな発見をしたり、考えを深めたりしていきます。学校に来て、言葉を使って学び合う子どもたちの姿をうれしく思いました。

少しずつ学校生活のペースを取り戻してきています。  8月30日(火)

2022年8月30日 13時03分

IMG_4262IMG_4264IMG_4269IMG_4288

本日の給食IMG_4289

2-1テディベア2-1ユニバーサル

2-1鮎のつかみ取り2-1花火大会2-1潜水艦2-1誕生日会2-2グランピング2-2つり2-2ロープウエイ2-2川へ行ったよ2年海へ行ったよ3-1サッカーの試合3-1ナイトプール3-2 つま恋のプール3-2残念な生き物3-2初めての船釣り3年 BBQ

昨日は4、5、6年生が、今日は1、2、3年生が身体測定を実施しました。4月と比べて、身長はどれくらい伸びていたでしょうか。体重はどれくらい増えていたでしょうか。

体の成長にも、心の成長にも、バランスよく食べること、たっぷりと睡眠をとること、そして適度に運動することが大切です。

今日から給食がはじまりました。今日の給食は、厚揚げのそぼろがけ、きゅうりのひたひた、冬瓜のすまし汁にごはんと牛乳でした。今日もたくさんの野菜が使われていました。ときには給食も話題にしてお子さんと話してみてください。お子さんはすべておいしく食べられたのでしょうか。

廊下に、夏休み中に子どもたちがかいた絵日記が掲示してあるクラスがありました。楽しかった夏休みの様子が伝わってくるものばかりでした。久しぶりに行動制限のなかった夏休み、コロナ禍で自粛を強いられた過去2年間の夏休みとは、ひと味違う夏だったと思います。

廊下で会った、2年生に聞いてみました。「学校始まったけど、夏休みと学校、どっちが好き?」しばらく考えた後、「ん~、おうちでゴロゴロできる夏休みっ-!」と答えてくれました。「先生も夏休みの方が好きかもしれんなぁー、でも2学期もがんばろーね。」

本格的に授業も始まっています。夏休みが楽しかった分、反動もあろうかと思います。だんだんと学校の生活リズムを取り戻していけるよう励ましながら、いっしょにがんばっていきたいと思います。