学校ブログ

新しい週のスタートです。 9月5日(月)

2022年9月5日 12時08分

IMG_4379IMG_4381IMG_4384IMG_4385IMG_4386IMG_4387IMG_4388IMG_4389IMG_4390IMG_4393IMG_4394IMG_4395IMG_4397

台風の進路が心配な週明けとなりました。依然厳しい残暑の中にありますが、朝晩は多少涼しさを感じられるようになりました。先週金曜日は、急な豪雨と雷の発生により、中学年の子どもたちには、雷雲が遠ざかるまで学校に待機してもらい、下校を遅らせる対応をとりました。御心配をおかけしました。

さて、週明けの月曜日、子どもたちは元気に登校できたでしょうか。休日をはさむと、生活リズムを崩してしまったり、「お家にいる方が楽しい」と学校に行くのに前向きになれなかったりする子どももいるかもしれません。週明けの朝は、正門を入っていく子どもたちの表情が特に気になります。

子どもたちの登校が済み、各教室にあいさつに向かいました。昇降口では、さわやか委員会の子どもたちが、月曜の朝恒例のアルミ缶回収を熱心に行っていました。アルミ缶を入れた袋をカタカタ言わせながら登校してきてくれた子どもたち、そして、月曜日の朝から委員会活動に一生懸命取り組んでいる子どもたち一人一人に「ありがとう」と伝えたくなります。

815分までの朝の支度の時間、1年生の教室から順番に中をのぞいてあいさつすると、「おはようございます。」と元気なあいさつが返ってきました。クラスによっては、私があいさつする前に大きな声であいさつしてくれる子どもたちもたくさんいました。

あいさつをされると、自分の存在が認めてもらえているようでうれしい気持ちになります。あいさつができる子は、相手を大切にしている人です。その一方で、自分のことも大切にしていると言えます。あいさつができる人は間違いなく相手によい印象を与えているからです。

あいさつには、「自分の心を開いた状態で相手の心に迫る」という意味があるそうです。あいさつできる人とできない人では与える印象が違います。あいさつをしない人は、「私はあなたに対して心を閉ざしています。私はあなたに近づきたいとは思っていません。」というメッセージを無言で発してしまうためです。

今年の東小の目標である「自分も相手も大切にする子」に近づくためには、あいさつができることは特に大切だと言えます。

我が子を見ていて思うのですが、あいさつは、簡単そうで実はなかなか難しいものです。特に、慣れない人にあいさつするというのはかなりハードルが高いようです。であればなおさら、あいさつを改善していくためには、意識することや自ら努力することが必要です。そして、周囲の人からの励ましや働き掛けも必要です。「あいさつすると気持ちいいな」そう感じられるとあいさつの輪がどんどん広がっていくと思います。

4日(日)に袋井市総合防災訓練が実施されます。 9月2日(金)

2022年9月2日 12時14分

IMG_4375IMG_4374

IMG_4376IMG_4377IMG_4378

昨日9月1日(木)は防災の日でした。本校でも避難訓練を予定していましたが、悪天候のため延期としました。

前日の水曜日の給食は、防災給食ということでセルフおにぎりが献立に入っていました。ビニル袋に入ったご飯を自分で握って、海苔をまいて食べる、そんな給食の話をお家でしてくれたお子さんがいたかもしれません。

昨日、政府が中心となって実施した防災の日の訓練は、南海トラフ巨大地震を想定した訓練でした。しかし、我々の生活や命を脅かす災害の種類は様々で、今年は特に地震以外の災害のニュースが国内外から頻繁に入ってきています。現在も台風11号が沖縄地方で猛威を振い、今後被害が出ないか心配されています。県内でも先月、松崎町で台風による大きな災害が発生したばかりです。

今年の夏は、ヨーロッパでは熱波による災害、アメリカでは熱波による災害と大雨による洪水、お隣の中国では十分な雨が降らないための水不足が大きな問題となりました。パキスタンでは、洪水により日本のおよそ2倍と言われる国土の3分の1が水没し、千人以上の人が亡くなっているというニュースも伝えられています。

「備えあれば憂いなし」今週末、袋井市の総合防災訓練が実施されます。地域での訓練にぜひ積極的に御参加ください。

今日、参観した4年2組の社会科では、「自然災害からくらしを守る」という単元の授業が始まっていました。災害の中でも、子どもたちは火山の噴火に興味をもったようで、阿蘇山の噴火のニュース映像を視聴していました。最初は、単なる好奇心で「火山の動画、見てみたい!」とニコニコしながら言っていた子どもたちも、実際の映像を見て、被災した人々の生の声を聞くと現実の災害としてとらえ始めたようで、教室の空気が一変していました。財産を失うことも辛いことですが、人の命が失われることは何より辛いことです。命を守るために、お子さんと災害と防災について話をしたり、実際の訓練に参加したりして意識を高め、課題にも気付くことができるとよいと思います。

1年生から5年生に後期用の教科書を配付しました! 9月1日(木)

2022年9月1日 13時48分

IMG_4336IMG_4339IMG_4340IMG_4341IMG_4342IMG_4343IMG_4344IMG_4345

本日、1年生から5年生に後期用の教科書を配付しました。前後期で2冊ある教科については、前期用を「上」、後期用を「下」として区別しています。

各クラスの代表児童が、配付する教科書担当の職員のところに教科書を取りに来て、教室に運び一人一人に配付しました。御家庭で、乱丁・落丁がないかを御確認の上、丁寧に記名をお願いします。

現在は、印刷され製本された教科書が無償給与されていますが、一人一台端末の配備が完了した今後は、デジタル教科書の活用が進んでいくとも言われています。教科書のデータは、すべて端末に入っているという時代が近づいているのかもしれません。次回の教科書の改訂(2024年度)で、多くの教科でデジタル教科書が本格的に導入されるとも言われています。実際、実証実験としてすでにデジタル教科書を導入しているところもあるようです。そう考えると紙媒体で配付された今回の教科書は、ある意味貴重なものとも言えます。

6年生については、今回新たな教科書配付はありませんでした。すなわち、6年生については今使っている教科書の内容までで小学校6年間の学びの全てだということを意味しています。今使っている教科書、そして今日配付した教科書の内容は、「しっかりと理解できました。」と言えるよう一生懸命勉学に励みたいですね。